Torrent(トレント)

トラッカーサイトにVPNが必要ですと警告されるのは何故?

読者
どうしてトラッカーサイトにはVPNが必要ですと警告がされるの?

Torrent(トレント)サイト利用時にVPNが必要ですと警告されるのはどうしてでしょうか?

Torrentをダウンロードする時に大きくVPNを購入してくださいとメッセージが出てきて気になりませんか?

この記事では

  • トラッカーサイトでVPN購入を促される理由
  • Torrent利用にはVPNが必須な理由
  • まだ導入していない方は今すぐVPNを購入するべき理由

を簡単に説明します。

注意!

torrent-matome.comは著作権で保護されたコンテンツのダウンロード・アップロードのためにTorrent(トレント)を使用することを推奨していません。トラブルや損失に対して、当サイトは一切責任を負いません。
ベストコスパTorrent VPN: NordVPN
 

TorrentサイトにVPNが必要ですと警告される理由

Torrentサイト利用時に以下のようなメッセージを見たことはありませんか?

Downloading torrents is getting riskier everyday. Use a VPN to make yourself hidden while downloading torrents.
By using a VPN , your ISP or Government Agencies will not be able to spy on you, neither would they be able to track your online activity

日本語では「トレントをダウンロードする行為は日に日にリスクが高まっています。 トレントをダウンロードしている間はVPNを使用してIPアドレスを秘匿してください。
VPNを使用することにより、ISPまたは政府機関はユーザーの特定、またはオンライン活動を追跡することもできなくなります。」と翻訳できます。

上記のメッセージのように、トラッカーサイトにVPNが必要ですと警告される理由は「TorrentのリスクをVPNで回避できる」ためです。
 

VPNで回避できるTorrentのリスク

VPNで回避できるTorrentのリスクは大きく2つあります。

Torrent利用のリスク

  • IPアドレスの公開 : 身元特定
  • 違法アップロード : 著作権の侵害

 

IPアドレスの公開

Torrent利用中はあなたの 実際のIPアドレスは他の接続者に公開され、IPアドレスの公開こそがTorrent利用最大のリスクです。

IPアドレスとは

IPアドレスが特定されると身元特定に繋がります。

Torrent利用中は ファイル共有者全員にIPアドレスが公開されるため、悪意のあるユーザーやハッカーにより 身元特定やなりすまし等の被害に遭うリスクがあります。

VPNを使うことで実際のIPアドレスを秘匿することができるため、Torrent利用にはVPNが必須になります。

また攻撃的なクラッカー(ハッカー)は、ウイルスやマルウェアを送ってくる可能性もあるため、IPアドレスは後述する方法で秘匿する必要があります。

ココがポイント

Torrent利用によるIPアドレスの公開で身元特定やなりすまし詐欺を防ぐためにVPNは必須。

 

違法アップロード

Torrent利用中はたとえダウンロードだけを目的に使用していても、 必ず同時にアップロードもしています。Torrentの特性上、ダウンロードだけというのはできず必ずアップロードも同時にします。

Torrentの利用自体に違法性はありませんが、 著作権や法に触れるファイルをダウンロード・アップロードは違法性があり、気づかないうちに違法ファイルを共有している可能性もあることにご注意ください。この点を理解せずに利用していると、 最悪の場合逮捕もあり得ますので、しっかりと心に留めておきましょう。

これらのTorrent利用の2つの大きなリスクを回避する方法がVPNでIPアドレスを秘匿することです。
 

VPNでIPアドレスを秘匿する

上記の通り、Torrent利用最大のリスクはP2Pによりファイル共有者全員に IPアドレスが公開されることです。IPアドレスの公開により、 詐欺被害、なりすまし、個人情報の特定などさまざまな被害に遭う可能性が広がります。

そのため実際に使っているIPアドレスを秘匿する必要があり、IPアドレスを秘匿するために必要なのがVPNというわけです。

ココがポイント

VPN接続をすればIPアドレスを秘匿することができる = 身元特定を防ぐ

 

VPNとは

VPNとは?

VPNとは

VPNとはIPアドレスを変更してデータを暗号化することで接続を保護し、匿名性を保つ技術です。
Torrent利用中はIPアドレスが世界中に公開されるため、様々なリスクが発生するのでVPN接続によりIPアドレスを秘匿することが必須です。

VPNとは?

 

VPNでIPアドレスを変更する

VPNを使えば実際に使っているIPアドレスを秘匿し、代わりに接続しているVPNサーバーのIPアドレスをTorrent接続者に公開します。VPNサーバーのIPアドレスが公開されるため、ユーザーの個人情報やIPアドレスから追跡できる情報は秘匿されます。

身元特定や悪意のあるユーザーからの攻撃を回避するために、Torrentを利用する場合はIPアドレスを秘匿するためにVPNの使用は必須です。

現在Torrentを利用しているけどVPNを導入していないという方は上述のリスクがあるため今すぐVPNを導入しましょう。

以下ではTorrentの利用に特化したおすすめVPNプロバイダを紹介します。
 

おすすめTorrent VPN

ランキング

  1. NordVPNTorrent VPNの決定版:おすすめ度 5.0
  2. コスパ良くプライバシーとセキュリティを保護できるためTorrent VPNが欲しいなら真っ先に購入するべきVPNです。高スペック・高パフォーマンス・高コスパで今すぐプライバシーを保護しましょう。
    最安月額料金 : $3.29(約420円)

  3. ExpressVPNノーログを実証済み:おすすめ度 4.8
  4. すべてのサーバーでP2P利用が公認されています。運用コストに制限がない場合は検討の価値があります。
    最安月額料金 : $6.67(約768円)

Torrent VPNの必要条件
  • 高速ダウンロード速度
  • 厳格なノーログポリシー
  • キルスイッチ
  • P2P接続の公認
  • IPマスキング(IP匿名化)
  • トラフィックの暗号化
  • 匿名な支払い方法

Torrentに接続する前にVPNでプライバシー・セキュリティの保護を必ずしましょう。Torrent VPNを導入すればIPアドレスを秘匿し、身元特定・なりすましや誤って違法ファイルを共有した時のリスクを回避することができます。

誤って著作権で保護されたコンテンツをアップロードしてしまうと 最悪逮捕される可能性もあるため必ずTorrent VPNを利用してオンラインの匿名性を保持しましょう。

VPNプロバイダの種類は数多くありますが、当サイトではNordVPNとExpressVPNのみを本当におすすめできるTorrent VPNプロバイダとして紹介しています。両プロバイダともにノーログポリシーに高速通信、高い信頼性、キルスイッチにTorrentの利用を認めているなど、Torrent利用に特化しているVPNプロバイダです。

30日間の返金保証期間があるため、お使いのデバイスや環境で運用できるか確認してから購入を続けるか判断することができます。

特にNordVPN は信頼性が非常に高くTorrentの利用に最適かつ運用コストも低いため当サイトでも一番人気のTorrent VPNです。

一番人気
NordVPN - コスパよく高品質のセキュリティTorrent VPNを入手
  • パフォーマンスと価格のバランスが優秀
  • 高速通信
  • ノーログポリシー
  • キルスイッチ
  • 二重VPNでセキュリティ強化
  • P2P専用サーバー
  • 広告ブロッカー
  • 30日間の返金保証期間
  • 特別オファー:最大68%OFF
  • 月額:$3.29(約420円)〜
  • nordvpn.com
  •  

    無料VPNは絶対に使わない

    無料VPN 個人情報(IPアドレス、クレジットカード、ログイン情報等)の収集・転売、ユーザーのアクセスデータを収集・転売しているケースがほとんどです。ログも保持していないと謳っていますが、信頼しないでください。

    匿名性を高めるためにVPN接続をしているのに、反対に個人情報が抜き取られて なりすましやサイバー犯罪の被害者になる可能性も十分あります。

    Torrent利用のためにVPNを探している方は絶対に無料VPNだけは使用しないでください。

    VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法

    VPNを使ってTorrentを安全に利用する方法は以下のリンクにまとめております。

     
    Torrent Q&A

    Torrentの利用は違法?

    Torrentの利用自体は違法ではありません。
    著作権のような権利を所有するコンテンツを共有するためにTorrentを使用する場合にのみ、違法とみなされます。

     

    どの機能が付いているのが優れたTorrent VPN?

    明確なノーログポリシーを公言しており、サードパーティーの監査を受けているVPNプロバイダが優秀なTorrent VPNプロバイダの条件です。

    VPNプロバイダがユーザーを特定できるデータを記録しないノーログポリシーは条件です。

    またセキュリティの観点ではキルスイッチが搭載されており、DNSリークがないプロバイダが理想です。

    最後に、Torrent VPNを使用するときに大きなファイルを共有する可能性があるため、高速通信を提供しているVPNプロバイダが望ましいです。

     

    無料VPNでもトレントに利用できる?

    無料VPNはTorrentの利用には全く適していません。


    Torrentのように膨大なデータを扱う場合は、パケットの上限にすぐ到達し、セキュリティ・プライバシー保護の観点でも無料VPNを使うのは非常にリスクが大きいです。

     

    VPNはTorrentの速度を速くできる?

    はい、速くできます!

    TorrentはISPが監視する主要なアクティビティであり、スロットリングというISPによって接続を意図的に遅くされたり、特定のアクティビティを阻止したり、帯域幅を節約される手法で通信速度を制限されます。

    Torrentの利用に限らず、ストリーミングやオンラインゲームに多くの帯域幅を使用している人は、明らかな理由もなく接続が切断されることがあります。

    VPNは接続を使用している目的をISPから隠すことができるため、ISPがTorrentの利用を検出できなくなり、スロットリングによる接続を制限することも回避できるため、VPN接続がない状態に比べて通信速度が下がることがなくなります。(=速くなる)

     

    まとめ

    この記事ではトラッカーサイト利用時にVPNが必要ですと警告される理由を簡単に説明しました。

    VPNが必要ですと警告される理由は「Torrent利用のリスクをVPN接続で回避できる」ためです。

    VPNを使えばIPアドレスを秘匿できるため、Torrent利用の様々なリスクを回避できます。

    当サイトおすすめのTorrent VPN NordVPN を使って安全にTorrentを利用しましょう。

     
    Torrent利用時にはVPN接続を必ずしましょう。

    Torrentファイル共有のリスクをユーザー自身で回避する唯一の方法はTorrent VPNを使用することです。VPN接続によりIPアドレスを変更し、通信内容を暗号化することでISPやVPNサービス自体でさえも、ユーザーのオンラインの行動やダウンロードしているものを把握できなくなります。最高のTorrent VPNプロバイダはNordVPN で、実質的に月額わずか$3.29(約420円)で、リスクのない30日間の無料保証期間が付いています。

    参考リンク: https://vpninfo.jp/warning-messages-on-torrent-sites/

    -Torrent(トレント)

    Copyright © Torrentまとめ 2022